蜂の巣を退治して根本的に解決する│種類などで変わる解決法

被害と捕獲

あらいぐま

アライグマの被害は全国的に多発しています。日本に存在しない動物ですが、飼育者が放獣したことで野生下で繁殖を繰り返して全国的に分布が広がったわけです。また、駆除には捕獲用の箱を用意して殺処分が原則です、捕獲後は専門業者に依頼すると良いでしょう。

もっと見る

再発防止が必要な害獣対策

イタチ

イタチは残った排泄物やその痕跡に集まる習性があります。そのため、イタチ駆除では二次災害の予防が欠かせません。イタチ駆除には業者によるゲージの設置、市販のグッズの使用という方法があります。いずれも、法律を遵守したり近隣住民の協力を得ることが求められます。

もっと見る

外来種の害獣の駆除

はくびしん

ハクビシンは外来種の害獣です。家に侵入して様々な被害をもたらします。鳥獣保護法によって殺すことは禁止されているため、ハクビシン駆除を行う際には追い出す作業が必要になります。その際に使えるのが燻煙剤や忌避剤です。追い出しに成功したら、すぐに出入り口を塞ぎます。その後、汚された部分の洗浄や消毒をします。

もっと見る

安全を第一に

はちの巣

予防点検は大切

キイロスズメバチは、山が次々に切り開かれている中にもかかわらず、その勢力は衰えるところがありません。これは、キイロスズメバチが都市部の生活にしっかりとなじんでいることを意味しており、それに応じた対応を行っていく必要があるのです。人の住む家は日当たりを求め、通気性を確保していることから、キイロスズメバチが蜂の巣を民家や倉庫に作ることも珍しくなく、住みやすい環境であるといえます。その分、人との接触する機会も多くなり、毎年、被害状況が報告されるたびに、キイロスズメバチの名前を聞くこととなるのです。そのため、普段からキイロスズメバチが巣を作っている地域では、蜂が飛ぶ姿を見つけた場合、点検をして回ることも、蜂の巣を作らせない立派な対策方法の一つといえます。

無理は禁物です

万が一蜂の巣を発見したら、それからの対処がその後の被害を発生させるか、にかかっているといっても過言ではありません。蜂の巣退治は、巣が大きくなる前に行うほど効果的ですが、やみくもに殺虫剤を吹きかければよい、というものではありません。特に、殺虫剤を妄信的に信じ込み、露出の多い服のまま退治しようとすると、逆に襲われることになりかねないのです。特に巣に近づく相手を襲おうとする特徴があるため、安易に近づいてはなりません。最も安心なのは、蜂の巣退治専門業者に委託することです。蜂の巣退治の専門業者は安全性の高い防護服に身を包んで作業を行うため、誰かが負傷する心配は殆どありません。また、専門業者のみに使用が認められている殺虫剤を利用することも多く、ハチに対する即効性も高いです。蜂の巣退治を依頼する際には、ハチの種類によって価格が前後することがあります。退治したい蜂がどの種類なのか、しっかりと確認しておきましょう。